メンバーMembers

  • 山口 知也
  • 山本 真寿
  • 山尾 宣暢
  • 山﨑 昌哉
  • 李 浩
  • 坂本 舞
  • 大工園 姫奈
  • 西川 文華
  • 柴三郎Jr
  • 渡辺 結香
  • 池田 雪子
  • 平井 純子
  • 山口 知也
  • 熊本大学大学院先導機構(併任)大学院生命科学研究部
    がん生物学分野 准教授(PI)

    山口 知也Tomoya Yamaguchi

    専門分野:
    がん生物学、腫瘍生物学、細胞生物学
    学位:
    博士(医学)
    資格:
    第1種衛生管理者
    有機溶剤作業主任者
    エックス線作業主任者
    甲種防火管理者
    知的財産管理技能士2級
    茶道文化検定2級
    趣味:
    カメラ、子どもたちと遊ぶこと
    アドレス:
    tyamaguchi (at mark) kumamoto-u.ac.jp
    research map:
    http://researchmap.jp/read0139515
    ORCID:
    0000-0001-6933-543X
MESSAGE
この度はがん生物学分野のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。私たちの研究室は、平成28年11月にスタートした新しい研究室です。文部科学省の卓越研究員事業により、伝統と実績のある熊本大学大学院生命科学研究部(医学部)のがん生物学分野を主宰する独立准教授として赴任いたしました。

これまで私は名古屋大学大学院医学系研究科分子腫瘍学分野の高橋隆先生の下で、肺腺がんにおけるROR1分子の同定とその機能解析、および臨床への応用研究を行って参りました(詳細につきましては本ホームページのこれまでの研究内容をご覧ください)。このような研究を着実に進めることができましたのも、高橋先生をはじめ、多くの研究者のご支援ご協力とともに、ポスドクや大学院生、学部学生が精力的に研究を進め、さらには技術補佐員や事務補佐員の方々の支えがあったお陰です。熊本大学がん生物学分野では、現在、ポスドクや大学院生、技術補佐員、研究に興味のある学部学生を募集しております。私たちの研究に少しでもご興味を持たれた方は、是非ご連絡ください。

がん生物学分野では、肺がんを中心に難治がんの発生・進展のメカニズムの解明を目指した基礎研究から、革新的な診断・治療へのトランスレーションを目指した応用研究まで、多角的に研究を進めております。当研究室の特徴の一つは、新しい研究分野や技術、解析手法などを積極的に取り入れ、癌の本態解明に向けて先端的基礎医学研究を推進し、新しいブレイクスルーを見出すため、日々挑戦し続けているところです。難治がんの分子病態を一つの疾患として総合的に理解するとともに、得られた結果を難治がんの克服につなげていきたいと考えています。

私たちの研究室は立ち上がったばかりです。しかしながら、これから精力的に基礎医学研究を進めることで、これまでまだ未解明の現象や誰も知らなかった癌の原因につながる制御機序の解明を目指したいと考えており、この熊本大学から優れた研究を世界に発信していきたいと思っております。

ここに、謹んでご挨拶を申し上げますとともに、皆様の今後のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、心よりよろしくお願い申し上げます。
平成29年4月1日 山口 知也

経歴

2002年 3月
京都工芸繊維大学 繊維学部 応用生物学科 卒業
2004年 3月
名古屋大学大学院医学系研究科 修士課程 修了
貝淵弘三教授(現名古屋大学大学院医学系研究科)の下で、細胞極性やRhoキナーゼの機能解析に従事
2007年 3月
名古屋大学大学院医学系研究科 博士課程 短縮修了
連携大学院として愛知県がんセンター研究所にて、高橋利忠客員教授(当時)、稲垣昌樹部長(現三重大学大学院医学系研究科)の下で、癌細胞におけるPlk1やCdk1キナーゼの機能解析に従事
2007年 3月
博士(医学)の学位取得(名古屋大学)

職歴

2007年 4月
名古屋大学大学院医学系研究科 分子腫瘍学分野 助教
2015年 4月
名古屋大学大学院医学系研究科 分子腫瘍学分野 特任助教
2016年 4月
名古屋大学大学院医学系研究科 分子腫瘍学分野 特任講師
2007年4月~2016年10月まで高橋隆教授(現名古屋大学大学院医学系研究科)の下で、肺腺癌におけるROR1キナーゼの同定とその機能解析に従事
2016年 11月
文部科学省卓越研究員事業 卓越研究員
2016年 11月
熊本大学大学院先導機構 (併任)大学院生命科学研究部
がん生物学分野 独立准教授(PI)
2017年 10月
科学技術振興機構(JST)生体における微粒子の機能と制御
さきがけ研究員(兼任)
現在に至る

所属学会

日本癌学会(評議員)
米国癌学会
米国細胞生物学会
日本分子生物学会
日本生化学会
日本細胞生物学会
日本がん分子標的治療学会
日本肺癌学会

受賞

平成30年度
熊本大学研究企画被表彰者
平成29年度
若手研究助成 富澤純一・桂子基金(日本分子生物学会)
平成29年度
柿内三郎記念奨励研究賞(日本生化学会)
平成29年度
若手優秀発表賞(日本細胞生物学会)
平成29年度
科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞(文部科学省)
平成28年度
日本癌学会奨励賞(日本癌学会)
平成28年度
研究奨励賞(名古屋大学大学院医学系研究科)
平成24年度
ブレイクスルーリサーチアワード(名古屋大学大学院医学系研究科)
平成17年度
研究奨励賞(名古屋大学大学院医学系研究科)

担当講義

平成31年度
医科学演習 がん生物学(修士)
医科学研究 がん生物学(修士)
がん生物学実践 I(博士)
がん生物学実践 II(博士)
大学院実験医学講座(博士)
生体分子情報学理論(博士)
平成30年度
医科学演習 がん生物学(修士)
医科学研究 がん生物学(修士)
がん生物学実践 I(博士)
がん生物学実践 II(博士)
大学院実験医学講座(博士)
生体分子情報学理論(博士)
平成29年度
医科学演習 がん生物学(修士)
医科学研究 がん生物学(修士)
がん生物学実践 I(博士)
がん生物学実践 II(博士)
大学院実験医学講座(博士)
生体分子情報学理論(博士)

その他

平成31年度
熊本大学大学院教育委員会 委員
五福盛り上げ隊 隊員
平成30年度
熊本大学大学院生命科学研究部(医学系)
准教授講師会基礎系当番幹事
五福盛り上げ隊 隊員
  • 山本 真寿
  • 熊本大学大学院生命科学研究部 がん生物学分野
    助教

    山本 真寿Masatoshi Yamamoto

    専門分野:
    がん生物学、細胞生物学
    学位:
    博士(生命科学)
    趣味:
    読書、旅行、野球観戦
    アドレス:
    myamamoto (at mark) kumamoto-u.ac.jp
    コメント:
    細胞と外界や細胞内の様々なオルガネラを仕切る境界である生体膜の構築原理に興味をもって研究しています。特に生体膜のマイクロドメインなどの機能解析から、がんなどの疾患や様々な生命現象にアプローチしていきたいと考えています。

経歴

2009年 3月
兵庫県立大学 理学部 生命科学科 卒業
阪口雅郎教授の下で、タンパク質のオルガネラ局在化シグナルに関する研究に従事
2012年 3月
京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻 修士課程 修了
梅田真郷教授の下で、アミノリン脂質フリッパーゼに関する研究に従事
2013年 9月
京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻 博士課程 中途退学
梅田真郷教授の下で、ショウジョウバエの個体サイズ調節機構に関する研究に従事
2017年 3月
京都大学大学院生命科学研究科 高次生命科学専攻 博士課程 修了
井垣達吏教授の下で、がん抑制的な細胞競合の分子機構に関する研究に従事
2017年 3月
博士(生命科学)の学位取得(京都大学)

職歴

2017年 4月
熊本大学大学院先導機構 研究員
2017年 6月
熊本大学大学院生命科学研究部 がん生物学分野 助教
2017年4月から山口知也准教授の下で、ROR1キナーゼの機能解析と生体膜ダイナミクス制御機構の解明に従事
現在に至る

所属学会

日本分子生物学会
日本細胞生物学会

受賞

平成29年度
医学研究助成金[学術奨励賞](肥後医育振興会)
平成28年度
若手優秀発表賞(日本細胞生物学会)
平成28年度
優秀発表賞(細胞競合コロキウム)
平成27年度
若手優秀発表賞(日本分子生物学会・日本生化学会合同大会)
平成27年度
3rd APDRC Scholarship(Asia-Pacific Drosophila Research Conference)
平成24年度
鈴木紘一メモリアル賞(日本生化学会)
  • 山尾 宣暢
  • 熊本大学大学院生命科学研究部 消化器外科学 所属

    山尾 宣暢Takanobu Yamao

    趣味:
    野球観戦、映画鑑賞、温泉
    コメント:
    本年度からがん生物学で指導いただくこととなりました。主に膵癌のがん治療について研究しています。日々楽しくをモットーにがんばります!
  • 山﨑 昌哉
  • 熊本大学大学院医学教育部 
    博士課程(D2)

    山﨑 昌哉Masaya Yamazaki

    趣味:
    音楽・映画鑑賞、博物館巡り、秘湯探し、美味しいものを食べること
    コメント:
    努力、感謝、笑顔
  • 李 浩
  • 熊本大学大学院医学教育部
    博士課程(D1)

    李 浩Hao Li

    趣味:
    ジョギング、フィットネス、バスケットボール観戦
    コメント:
    変えたいと思う、小さな一歩を重ねることで、いつの日か奇跡の扉は開く。
  • 坂本 舞
  • 熊本大学大学院医学教育部
    博士課程(D1)

    坂本 舞Mai Sakamoto

    趣味:
    音楽鑑賞、愛猫と戯れること
    コメント:
    これまでの知識経験を活かしつつ、新しいことに積極的に挑戦し、楽しく研究していきたいと思います。
  • 大工園 姫奈
  • 熊本大学大学院医学教育部
    修士課程(M1)

    大工園 姫奈Hina Daikuzono

    趣味:
    音楽鑑賞、ショッピング、御朱印集め
    コメント:
    まだまだ未熟ですが、この2年間で研究の楽しさを感じながらたくさんのことを学びたいと思います。
  • 西川 文華
  • 熊本大学大学院医学教育部
    医学部医学科

    西川 文華Ayaka Nishikawa

    趣味:
    読書、自然の中を散歩すること
    コメント:
    実験などの知識も経験もほとんどありませんが、研究を通して、癌について多くのことを学んでいきたいと思います。
  • 柴三郎Jr.
  • 熊本大学大学院医学教育部 柴三郎プログラム

    柴三郎Jr.高校生Shibasaburo Jr.

    コメント:
    初めてでまだ何も分かりませんが、
    せっかく頂いた貴重な機会なので少しでも先生方のために、
    自分のために活かせるよう努力していきます。
  • 渡辺 結香
  • 熊本大学大学院生命科学研究部 がん生物学分野
    技術補佐員

    渡辺 結香Yuka Watanabe

    コメント:
    長いブランク後の復帰であり、不安もありますが、積極的に取り組んでいきたいと思います。
    週末は度々、子供達と一緒に江津湖にそれぞれMy網を持って、魚やシマドジョウ、エビなどを取りに行き、我が家の水槽で飼育しています。
    我が家で繁殖するのを楽しみに毎日観察しています。
  • 池田 雪子
  • 熊本大学大学院生命科学研究部 がん生物学分野
    技術補佐員

    池田 雪子Yukiko Ikeda

    趣味:
    園芸・手工芸・取扱説明書を読む事・建築物を見てうっとりする事
    コメント:
    北海道で生まれ、熊本で反抗期、鹿児島で青春、仙台での子育てを終えて、親の世話のため戻ってきました。
    こちらは暖かくて植物の育ちが良くて嬉しいです。
  • 平井 純子
  • 熊本大学大学院生命科学研究部 がん生物学分野
    事務補佐員

    平井 純子Junko Hirai

    趣味:
    子どもと一緒に植物を育てたり、お菓子作りをすること
    アドレス:
    cancer-bio (at mark) kumamoto-u.ac.jp
    コメント:
    約5年ぶりの仕事復帰で、新たな環境ということもあり不安はありますが、楽しくお仕事していきたいです。

熊本大学医学部医学科 基礎演習配属学生(3年次に配属)

平成31年度
  • 長 春菜
  • 大嶺 久美
平成30年度
  • 加地 泰彬
  • 宮本 淳平
ⓒ2017 Department of Cancer Biology All right reserved.