研究業績Publications

英文原著論文

 
2019 年

Yamaguchi T, Hayashi M, Ida L, Yamamoto M, Lu C, Kajino T, Cheng J, Nakatochi M, Isomura H, Yamazaki M, Suzuki M, Fujimoto T and Takahashi T

ROR1-CAVIN3 interaction required for caveolae-dependent endocytosis and pro-survival signaling in lung adenocarcinoma

Oncogene, 2019 in press (doi: 10.1038/s41388-019-0785-7)

 
2017 年

Yamamoto M, Ohsawa S, Kunimasa K and Igaki T

The ligand Sas and its receptor PTP10D drive tumor-suppressive cell competition

Nature 542; 246-250 (2017)

 
2016 年

Yamaguchi T, Lu C, Ida L, Yanagisawa K, Usukura J, Cheng J, Hotta N, Shimada Y, Isomura H, Suzuki M, Fujimoto T and Takahashi T

ROR1 sustains caveolae and survival signaling as a scaffold of cavin-1 and caveolin-1

Nat Commun 7; 10060 (2016)

 

 
2016 年

Ida L, Yamaguchi T, Yanagisawa K, Kajino T, Shimada Y, Suzuki M and Takahashi T

Receptor tyrosine kinase-like orphan receptor 1, a target of NKX2-1/TTF-1 lineage-survival oncogene, inhibits apoptosis signal-regulating kinase 1-mediated pro-apoptotic signaling in lung adenocarcinoma

Cancer Sci 107; 155-161 (2016)

 
2014 年

Arima C, Kajino T, Tamada Y, Imoto S, Shimada Y, Nakatochi M, Suzuki M, Isomura H, Yatabe Y, Yamaguchi T, Yanagisawa K, Miyano S and Takahashi T

Lung adenocarcinoma subtypes definable by lung development-related miRNA expression profiles in association with clinicopathologic features

Carcinogenesis 35; 2224-2231 (2014)

 
2013 年

Kato U, Inadome H, Yamamoto M, Emoto K, Kobayashi T and Umeda M

Role for Phospholipid Flippase Complex of ATP8A1 and CDC50A Proteins in Cell Migration

J Biol Chem 288; 4922-4934 (2013)

 
2012 年

Yamaguchi T, Yanagisawa K, Sugiyama R, Hosono Y, Shimada Y, Arima C, Kato S, Tomida S, Suzuki M, Osada H and Takahashi T

NKX2-1/TITF1/TTF-1-induced ROR1 is required to sustain EGFR survival signaling in lung adenocarcinoma

Cancer Cell 21; 348-361 (2012)

 
2012 年

Hosono Y, Usukura J, Yamaguchi T, Yanagisawa K, Suzuki M and Takahashi T

MYBPH inhibits NM IIA assembly via direct interaction with NMHC IIA and reduces cell motility

Biochem Biophys Res Commun 428; 173-178 (2012)

 
2012 年

Hosono Y, Yamaguchi T, Mizutani E, Yanagisawa K, Arima C, Tomida S, Shimada Y, Hiraoka M, Kato S, Yokoi K, Suzuki M and Takahashi T

MYBPH, a transcriptional target of TTF-1, inhibits ROCK1, and reduces cell motility and metastasis

EMBO J 31; 481-493 (2012)

 
2009 年

Ebi H, Sato T, Sugito N, Hosono Y, Yatabe Y, Matsuyama Y, Yamaguchi T, Osada H, Suzuki M and Takahashi T

Counterbalance between RB inactivation and miR-17-92 overexpression in reactive oxygen species and DNA damage induction in lung cancers

Oncogene 69; 4027-4035 (2009)

 
2006 年

Nishimura T, Yamaguchi T, Tokunaga A, Hara A, Hamaguchi T, Kato K, Iwamatsu A, Okano H and Kaibuchi K

Role of Numb in Dendritic Spine Development with a Cdc42 GEF Intersectin and EphB2

Mol Biol Cell 17; 1273-1285 (2006)

 
2006 年

Oguri T, Inoko A, Shima H, Izawa I, Arimura N, Yamaguchi T, Inagaki N, Kaibuchi K, Kikuchi K and Inagaki M

Vimentin-Ser82 as a memory phosphorylation site in astrocytes

Genes Cells 11; 531-540 (2006)

 
2005 年

Yamaguchi T, Goto H, Yokoyama T, Silljé H, Hanisch A, Uldschmid A, Takai Y, Oguri T, Nigg EA and Inagaki M

Phosphorylation by Cdk1 induces Plk1-mediated vimentin phosphorylation during mitosis

J Cell Biol 171; 431-436 (2005)

 
2005 年

Nishimura T, Yamaguchi T, Kato K, Yoshizawa M, Nabeshima Y, Ohno S, Hoshino M and Kaibuchi K

PAR-6-PAR-3 mediates Cdc42-induced Rac activation through the Rac GEFs STEF/Tiam1

Nat Cell Biol 7; 270-277 (2005)

 
2004 年

Nishimura T, Kato K, Yamaguchi T, Fukata Y, Ohno S and Kaibuchi K

Role of the PAR-3/KIF3 complex in the establishment of neuronal polarity

Nat Cell Biol 6; 328-334 (2004)

 
2003 年

Nishimura T, Fukata Y, Kato K, Yamaguchi T, Matsuura Y, Kamiguchi H and Kaibuchi K

CRMP-2 regulates polarized Numb-mediated endocytosis for axon growth

Nat Cell Biol 5; 819-826 (2003)

欧文総説

 
2013 年

Yamaguchi T, Hosono Y, Yanagisawa K and Takahashi T

NKX2-1/TTF-1: An enigmatic oncogene that functions as a double-edged sword for cancer cell survival and progression

Cancer Cell 23; 718-723 (2013)

 
2007 年

Sihag RK, Inagaki M, Yamaguchi T, Shea TB and Pant HC

Role of phosphorylation on the structural dynamics and function of types III and IV intermediate filaments

Exp Cell Res 313; 2098-2109 (2007)

学会・シンポジウム等での発表(国内)

 
2018 年

山口知也、林美優、井田梨沙、Can Lu、梶野泰祐、Jinglei Cheng、磯村久徳、鈴木元、藤本豊士、高橋隆

肺腺がんでのROR1によるカベオラ依存的エンドサイトーシスを介した生存シグナル制御機構

第77回日本癌学会学術総会、English Oral Sessions

大阪、2018年9月

 
2018 年

山口知也、高橋隆

ROR1によるカベオラ形成と生存シグナルの維持機構

大阪大学蛋白質研究所セミナー

大阪、2018年3月

 
2017 年

山口知也、Can Lu、井田梨沙、柳澤聖、Jinglei Cheng、磯村久徳、鈴木元、藤本豊士、高橋隆

ROR1によるカベオラ形成と生存シグナルの維持機構

第69回日本細胞生物学会大会、シンポジウム

仙台、2017年6月

 
2016 年

山本真寿、大澤志津江、國政啓、井垣達吏

細胞競合を駆動するリガンド-受容体の同定とがん制御における役割

第5回細胞競合コロキウム

札幌、2016年3月

 
2016 年

山本真寿、大澤志津江、國政啓、井垣達吏

細胞競合を駆動する細胞表面リガンド-受容体の同定とそのがん制御における役割

第68回日本細胞生物学会大会

京都、2016年6月

 
2016 年

山口知也、高橋隆

ROR1による肺腺癌のリネジ生存シグナル伝達とカベオラ形成を標的としたEGFR-TKI耐性の克服

第31回日本肺癌学会ワークショップ、招待講演

大分、2016年7月

 
2016 年

Tomoya Yamaguchi, Can Lu, Lisa Ida, Kiyoshi Yanagisawa, Jiro Usukura, Yukako Shimada, Hisanori Isomura, Motoshi Suzuki, Toyoshi Fujimoto, Takashi Takahashi

ROR1 functions as a scaffold of cavin-1 and CAV1, sustaining caveolae and RTK-mediated survival signaling in lung cancer

第41回内藤コンファレンス、Short Talking presentationに選出

札幌、2016年7月

 
2016 年

山口知也、高橋隆

ROR1による肺腺癌のリネジ特異的生存シグナル伝達機構の解明

第75回日本癌学会学術総会、日本癌学会奨励賞受賞講演

横浜、2016年10月

 
2015 年

山本真寿、大澤志津江、國政啓、井垣達吏

上皮細胞競合における極性崩壊細胞の認識機構

第2回新学術領域「細胞競合」班会議

下関、2015年1月

 
2015 年

山本真寿、大澤志津江、國政啓、井垣達吏

上皮細胞競合における極性崩壊細胞の認識メカニズム

第4回細胞競合コロキウム

札幌、2015年3月

 
2015 年

山本真寿、大澤志津江、國政啓、井垣達吏

細胞競合を介したがん抑制機構を駆動するリガンド-受容体分子の同定

第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会合同大会

神戸、2015年12月

 
2015 年

山口知也、柳澤聖、Can Lu、井田梨沙、磯村久徳、鈴木元、藤本豊士、高橋隆

ROR1によるカベオラ形成を通じたRTK活性化維持を標的としたEGFR-TKI耐性の克服

第74回日本癌学会学術総会、コアシンポジウム

名古屋、2015年10月

 
2012 年

山本真寿、加藤詩子、従二直人、梅田真郷

膜脂質の不飽和化による個体サイズの制御

第5回リピッドカンファレンス

京都、2012年9月

 
2012 年

山本真寿、加藤詩子、従二直人、梅田真郷

脂肪酸不飽和化酵素による個体サイズの制御

第85回日本生化学会大会

福岡、2012年12月

 
2012 年

山口知也、高橋隆

TTF-1に誘導されたROR1によって伝達される肺腺癌のリネッジ特異的生存シグナル

第71回日本癌学会学術総会、腫瘍別シンポジウム

札幌、2012年9月

 
2009 年

山本真寿、加藤詩子、梅田真郷

ER exit機構におけるリン脂質フリッパーゼATP8A1の役割

第2回リピッドカンファレンス

滋賀、2009年9月

 
2009 年

山口知也、高橋隆

肺癌の発生・進展に関与する遺伝子の研究

厚生労働省がん研究助成金研究、班会議

筑波、2009年12月

 
2008 年

山口知也、高橋隆

肺癌の発生・進展に関与する遺伝子の研究

厚生労働省がん研究助成金研究、班会議

筑波、2008年11月

国際学会での発表

 
2019 年

Yamaguchi T and Takahashi T

ROR1 sustains caveolae function and pro-survival signaling in lung cancer

EMBO Workshop

Caveolae and nanodomains: Translating structural principles and dynamics into function

Le Pouliguen, France (May 12-16, 2019) 招待講演 (INVITED SPEAKERS)

 
2019 年

Yamaguchi T, Hayashi M, Ida L, Yamamoto M, Lu C, Kajino T, Cheng J, Nakatochi M, Isomura H, Yamazaki M, Suzuki M, Fujimoto T and Takahashi T

ROR1-CAVIN3 interaction required for caveolae-dependent endocytosis and pro-survival signaling in lung adenocarcinoma

AACR ANNUAL MEETING 2019

Atlanta, GA (March 30-April 3, 2019)

 
2016 年

Yamamoto M, Ohsawa S, Kunimasa K and Igaki T

The ligand Sas and its receptor PTP10D drive tumor-suppressive cell competition

The Allied Genetics Conference 2016

Orlando, FL (July, 2016)

 
2016 年

Yamaguchi T, Lu C, Ida L, Yanagisawa K, Usukura J, Cheng J, Hotta N, Shimada Y, Isomura H, Suzuki M, Fujimoto T and Takahashi T

ROR1 functions as a scaffold of cavin-1 and CAV1, sustaining caveolae and RTK-mediated survival signaling in lung cancer

AACR-IASLC Joint Lung Cancer Conference

San Diego, CA (January 4-7, 2016)

 
2016 年

Yamaguchi T, Lu C, Ida L, Yanagisawa K, Usukura J, Cheng J, Hotta N, Shimada Y, Isomura H, Suzuki M, Fujimoto T and Takahashi T

ROR1 functions as a scaffold of cavin-1 and CAV1, sustaining caveolae and RTK-mediated survival signaling in lung cancer

AACR ANNUAL MEETING 2016

New Orleans, LA (April 16-20, 2016)

 
2015 年

Yamamoto M, Ohsawa S, Kunimasa K and Igaki T

Identification of the ligand-receptor system that drives tumor-suppressive cell competition

3rd Asia-Pacific Drosophila Research Conference

Beijing, China (May, 2015)

 
2015 年

Yamamoto M, Ohsawa S, Kunimasa K and Igaki T

Identification of the ligand-receptor system that drives tumor-suppressive cell competition

1st International Symposium on Cell Competition

Kyoto, Japan (September, 2015)

 
2013 年

Yamaguchi T and Takahashi T

TTF-1/NKX2-1-induced ROR1 is required to sustain EGFR survival signaling in lung adenocarcinoma

International Scientific Coordination Network (ISCN) 3rd GDRI French Japanese Cancer Meeting

Toulouse, France (November 20-23, 2013) 招待講演

文部科学省新学術領域研究「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」プログラム

 
2012 年

Yamaguchi T, Yanagisawa K, Sugiyama R, Hosono Y, Shimada Y, Arima C, Kato S, Tomida S, Suzuki M, Osada H and Takahashi T

NKX2-1/TITF1/TTF-1-induced ROR1 is required to sustain EGFR survival signaling in lung adenocarcinoma

AACR ANNUAL MEETING 2012

Chicago, IL (March 31-April 4, 2012)

 
2012 年

Yamaguchi T, Yanagisawa K and Takahashi T

NKX2-1/TITF1/TTF-1-induced ROR1 is required to sustain EGFR survival signaling in lung adenocarcinoma

AACR Special Conference, MOLECULARLY TARGETED THERAPIES: Mechanisms of Resistance

San Diego, CA (May 9-12, 2012) 主催者が選ぶ10題の演題に選出

著書

 
2016 年

山本真寿、井垣達吏

「上皮の恒常性維持と細胞競合における機械的な力の役割」

医学のあゆみ、257巻、992~998ページ、2016年

 
2015 年

山口知也、高橋隆

最新医学

-肺がんの個別化医療-肺腺がんにおけるTTF-1/NKX2-1の相反する2つの機能

最新医学社、70巻、27~32ページ、2015年

 
2013 年

山本真寿、従二直人、加藤詩子、梅田真郷

「ショウジョウバエと脂質研究」

遺伝子医学MOOK、24巻、117~123ページ、2013年

 
2013 年

山口知也

名大トピックス

知への未来へ-若手研究者の紹介- 肺腺がんのアキレス腱の同定

名古屋大学、241巻、5ページ、2013年

 
2013 年

山口知也、高橋隆

分子呼吸器病

肺腺癌の生存シグナルを支えるROR1キナーゼ

先端医学社、17巻、64~66ページ、2013年

 
2013 年

山口知也、高橋隆

最新肺癌学

-基礎と臨床の最新研究動向- 肺腺癌の分子病態におけるTTF-1の二面性

日本臨牀社、1049巻、122~125ページ、2013年

 
2010 年

山本真寿、加藤詩子、梅田真郷

「リン脂質フリッパーゼによる「脂質場」の形成と細胞膜ダイナミクス」

実験医学 羊土社、28巻、3292~3299ページ、2010年

 
2003 年

西村隆史、山口知也、加藤勝洋、貝淵弘三

実験医学

脳・神経研究2004「神経細胞の極性形成機構」

羊土社、2003年

 
2003 年

西村隆史、加藤勝洋、山口知也、深田優子、貝淵弘三

細胞工学

神経細胞極性分子CRMP-2はNumbを介したエンドサイトーシスに関与する

秀潤社、2003年

知的財産権の取得

 
2017 年

特願2017-10775

「癌細胞の生存シグナルを特異的に抑制する化合物のスクリーニング方法及びスクリーニングキット、形質転換体、組み換えベクター、並びに、分子標的薬の適応患者の選択方法」

2017年1月24日出願

全発明者氏名:高橋隆、山口知也

権利者:国立大学法人名古屋大学

 
2014 年

特願2014-217313号、PCT/JP2015/075127

「癌細胞のカベオラの形成を特異的に抑制する化合物のスクリーニング方法、スクリーニングキット、該キットに用いるベクター及び形質転換体、並びに分子標的薬の適応患者の選択方法」

2014年10月24日出願

全発明者氏名:高橋隆、山口知也

権利者:国立大学法人名古屋大学

 
2011 年

Patent No: EP 2659910(欧州)

「METHOD FOR SUPPRESSING RECEPTOR TYROSINE KINASE-MEDIATED PRO-SURVIVAL SIGNALING IN CANCER CELL」

2011年12月26日出願、2016119日登録

全発明者氏名:高橋隆、山口知也

権利者:国立大学法人名古屋大学

 
2011 年

Patent No: US 9,085,772(米国)

「METHOD FOR SUPPRESSING RECEPTOR TYROSINE KINASE-MEDIATED PRO-SURVIVAL SIGNALING IN CANCER CELL」

2011年12月26日出願、2015721日登録

全発明者氏名:高橋隆、山口知也

権利者:国立大学法人名古屋大学

 
2011 年

特許第5883396号(日本国)

「受容体型チロシンキナーゼが仲介する癌細胞の生存促進性シグナルを抑制する方法」

2011年12月26日出願、2016212日登録

全発明者氏名:高橋隆、山口知也

権利者:国立大学法人名古屋大学

 
2009 年

Patent No: EP 2316491(欧州)

「CELL PROLIFERATION INHIBITOR」

2009年7月17日出願、20161012日登録

全発明者氏名:高橋隆、山口知也、冨田秀太

権利者:国立大学法人名古屋大学

 
2009 年

Patent No: US 8,710,022(米国)

「CELL PROLIFERATION INHIBITOR」

2009年7月17日出願、2014429日登録

全発明者氏名:高橋隆、山口知也、冨田秀太

権利者:国立大学法人名古屋大学

 
2009 年

特許第5841332号(日本国)

「細胞増殖阻害剤」

2009年7月17日出願、20151120日登録

全発明者氏名:高橋隆、山口知也、冨田秀太

権利者:国立大学法人名古屋大学

知的財産権の取得

 
2016 年

高橋隆、山口知也 (公表機関:名古屋大学)

「耐性肺がん細胞 新薬に光」

朝日新聞社 2016年1月5日

 
2012 年

高橋隆、山口知也 (公表機関:名古屋大学)

「肺がんのアキレス腱を発見」

NHK 2012年3月20日

 
2012 年

高橋隆、山口知也 (公表機関:名古屋大学)

「肺がんのアキレス腱を発見」

共同通信社 2012年3月20日

 
2012 年

高橋隆、山口知也 (公表機関:名古屋大学)

「肺腺がん細胞の急所発見」

中日新聞社 2012年3月20日

科学研究費(研究代表者)

 
2019 年

平成31年度(令和元年)~令和2年度 挑戦的研究 (萌芽研究)

 
2019 年

平成31年度(令和元年)~令和2年度 若手研究

 
2019 年

平成31年度(令和元年)~令和2年度 新学術領域研究 (公募研究) シンギュラリティ生物学

 
2018 年

平成30年度~平成32年度 基盤研究 (B) (一般)

 
2018 年

平成30年度~平成31年度 新学術領域研究 (公募研究) オルガネラゾーン

 
2017 年

平成29年度 研究活動スタート支援

 
2017 年

平成29年度~平成32年度 JST 戦略的創造研究推進事業 さきがけ

 
2016 年

平成28年度~平成32年度 卓越研究員事業

 
2016 年

平成28年度~平成29年度 基盤研究 (C) (一般)

 
2014 年

平成26年度~平成27年度 AMED 次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム

 
2013 年

平成25年度~平成27年度 基盤研究 (C) (一般)

 
2010 年

平成22年度~平成23年度 若手研究 (B) (一般)

 
2008 年

平成20年度~平成21年度 若手研究 (B) (一般)

 
2008 年

平成20年度~平成21年度 厚生労働省 がん研究助成

科学研究費(研究分担者)

 
2016 年

平成28年度~平成31年度 基盤研究 (A) (一般) 研究代表者:高橋隆先生

 
2016 年

平成28年度~平成33年度 AMED 次世代がん医療創生研究事業 研究代表者:高橋隆先生

 
2008 年

平成20年度 特定領域研究 研究代表者:高橋隆先生

研究奨励・助成

 
2018 年

平成30年度 熊本大学 健康長寿代謝制御研究センター 研究助成

 
2018 年

平成30年度 熊本大学 めばえ研究推進事業 研究助成

 
2018 年

平成30年度 小林がん学術振興会 研究助成

 
2018 年

平成30年度 稲盛財団 研究助成

 
2017 年

平成29年度 ライフサイエンス振興財団 研究助成

 
2017 年

平成29年度 小野医学研究財団 研究奨励助成

 
2017 年

平成29年度 高松宮妃癌研究基金 研究助成

 
2017 年

平成29年度 熊本大学 健康長寿基盤研究センター設立による研究力の推進事業 研究助成

 
2017 年

平成29年度 千里ライフサイエンス振興財団 岸本基金研究助成

 
2017 年

平成29年度 安田記念医学財団 癌研究助成

 
2017 年

平成29年度 SGH財団 がん研究助成

 
2017 年

平成29年度 新日本先進医療研究財団 研究助成

 
2017 年

平成29年度 かなえ医薬振興財団 研究助成

 
2017 年

平成29年度 MSD生命科学財団 がん領域 若手研究者プログラム

 
2017 年

平成29年度 武田科学振興財団 生命科学研究助成

 
2017 年

平成29年度 興和生命科学振興財団 研究助成

 
2017 年

平成29年度 横山臨床薬理研究助成基金 研究助成

 
2017 年

平成29年度 住友財団 基礎科学研究助成

 
2017 年

平成29年度 金原一郎記念医学医療振興財団 基礎医学医療研究助成

 
2017 年

平成29年度 リレーフォーライフジャパン「プロジェクト未来」研究助成

 
2017 年

平成29年度 日本応用酵素協会 酵素研究助成

 
2017 年

平成29年度 熊本大学 めばえ研究推進事業 研究助成

 
2017 年

平成29年度 肥後医育振興会 医学研究助成

 
2016 年

平成28年度 内藤記念科学振興財団 次世代育成支援研究助成

 
2016 年

平成28年度 ノバルティス科学振興財団 研究奨励

 
2016 年

平成28年度 工藤学術財団 学術研究褒賞

 
2016 年

平成28年度 東京生化学研究会 研究奨励

 
2016 年

平成28年度 内藤記念科学振興財団 特定研究助成

 
2012 年

平成24年度 名古屋大学 若手研究者研究活動経費

 
2011 年

平成23年度 名古屋大学 若手研究者研究活動経費

 
2010 年

平成22年度 名古屋大学 若手研究者研究活動経費

 
2009 年

平成21年度 名古屋大学 若手研究者研究活動経費

 
2008 年

平成20年度 名古屋大学 若手研究者研究活動経費

 
2007 年

平成19年度 愛知県がん研究振興会 研究助成

TO TOP
ⓒ2017 Department of Cancer Biology All right reserved.