最新情報News

EMBO Workshop @Le Pouliguen, France に参加しました。

2019年5月12日~5月16日において、フランスのLu Pouliguenで、EMBO Workshop “Caveolae and nanodomains: Translating structural principles and dynamics into function”が開催され、山口准教授が参加しました。

カベオラ、脂質ラフト研究で先駆的な研究を行っている、有名な研究者が世界各国からフランスに集まり、5日間、早朝から夜遅くまでタイトなスケジュールの中、素晴らしい研究発表と白熱した議論が行われました。

招待講演として発表するのは初めてでしたので緊張しましたが、発表の後、多くの研究者にお声を掛けていただき、たくさん議論することができました。

またカベオラ研究の世界的権威であるParton博士と研究の内容や今後の研究などについて話ができたことはとても嬉しかったです。

3日目には参加者で唯一の日本人である奈良先端大の末次先生と、自転車を借り、Lu Pouliguenの街を散策し、無傷のまま残る城壁で囲まれたGUERANDEの塔や、有名なLu Pouliguenの海岸へ行きました。多くの建物が当時のまま残っているため、街並みはとても美しく、海岸も風がとても気持ち良かったです。

5日間でしたがあっという間に終わってしまったというのが実際の気持ちです。

今回のWorkshopを通じて、非常に有意義な、また素晴らしい貴重な経験をさせていただきました。

TO TOP
ⓒ2017 Department of Cancer Biology All right reserved.